--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/11/17 (Wed) 蜜入りりんご!

今日の最低気温は1℃!収穫終わるまで雪だけはご勘弁を!

サンふじの収穫開始まで残り3日となりました!
最近は気温も低く、りんごに最適な環境が続いています。

今日は、りんごの蜜入りチェック!

このりんごの樹より無作為に1個収穫しました。
suwa273.jpg

このりんごをゲット!!
suwa274.jpg

等級は秀クラス以上で、大きさは普通サイズの36玉規格くらいかな。
suwa275.jpg

ナイフでパカッ!!おおおお!!蜜蜜蜜!!
suwa276.jpg

中心だけでなく、周囲にも霜降りのごとく蜜が散らばっています。
食べてみると上質な甘みとほのかな酸味!
めちゃくちゃジューシーで、硬度も上々の出来栄え!

ホント絶妙!旨しっす!

もう収穫してもいいのでは!?
と、思うのですが、親父はまだ収穫のゴーサインをだしません。
さらに味を濃厚にさせるためもう少し樹上で追熟させます。
このあたりは、長年の勘なのかな(^^;

こちらは超完熟状態!皮をむくだけでパイナップルのように透き通っています。
数百個に1個くらいの希少なパイナップルりんご!
suwa277.jpg

蜜入りを促すための要因や方法は沢山あります。
一番簡単な方法は、できるだけ収穫期を遅らせることですが、11月下旬を過ぎると山形は気温も急激に下がり初雪も降り始め、りんごを凍らせるリスクが伴います。りんごが凍ると、枝すれ傷が大きくなったり、蜜の変色障害などが起こりやすくなります。
当園でも、沢山のお客様に喜んでいただけるように蜜入りサンふじを作る努力はしておりますが、こういったリスクを伴っていることを知っていただければ何よりと思います。


追記:サンふじをご注文を頂いたお客様、これからご注文をご予定のお客様へ
サンふじ特有の蜜ですが、個体やその年の気象条件によって蜜入りの度合いは異なります。このため、蜜入りを完全保証するものではありませんので、ご理解のほどお願い申しあげます。
また、当園のサンふじは完熟りんごとして栽培しておりますので、蜜入りはかなり期待できますが、完熟している分、貯蔵性に落ちるという反面もあります。

収穫後はしっかり蜜が入ってても年末くらいから徐々に蜜が消えていきます。
時間と共に果糖に変わるからです。
また、長期間、置いておきますと蜜の変色障害などが起こりやすくなる場合もありますので12月下旬頃までに、お食べ頂ければと思います。

当園では「完熟しても貯蔵性に優れるサンふじ」を目指して栽培しています。
そこが農家の腕の見せ所なんですが、気象条件の対応等もあり、なかなか難しく
毎年、試行錯誤してるところです。

suwa278.jpg

★りんごの蜜って何??
光合成によって葉で作られたでんぷん質はさまざまな糖に変化し果肉に運ばれて蓄えられます。完熟期が近づいたりんごは糖が飽和状態になり、余分な糖ソルビトールが水や養分の流れる通路からあふれて、細胞と細胞の隙間にたまります。これが「蜜入り」と呼ばれる状態です。蜜入りは糖分が増している状態の目印なので、蜜入りりんごは「美味い証」と言えるのです。

りんごで沢山の笑顔を!
人気ブログランキングへ

りんご | trackback(0) | comment(0) |


<<何よりめでたい披露宴。 | TOP | 雑草と共に生きる!>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://suwafarm.blog14.fc2.com/tb.php/58-ca13aa9d

| TOP |

諏訪農園 ホームページ

諏訪農園

プロフィール

諏訪農園 6代目

Author:諏訪農園 6代目
明治創業生粋の農家である夛田家6代目。
農に携わり5年目のペーペー小僧です。
野心を隠しながら前のめり気味に下積み中!
諏訪農園ホームページは独学で製作!
何卒ご愛嬌をm(__)m


栽培品目
さくらんぼ 0.6ha
りんご   1ha
お米    8.1ha


自己紹介
1981年生まれO型水瓶座。
春秋は農業。
夏冬は教習指導員。
兼業して4年目。
根っからの運動好き。
フットサル。ゴルフ。
ファンスキー。
スキューバ中に水圧で
鼓膜が破れたこと有り(笑)


好きな言葉は
「勝率五分を持って上となす」
「感謝すれども満足せず」
「反省は前進、満足は後退」
「本気の失敗には価値がある」
「華を去り実に就く」
「引き算の美学/シンプルに強み」
「トレンドを捨て本質を貫く」
「守ったら守りきれない」
「批判は弱者の叫びである」
「義と利が対立した時は義をとる」
「多くを学び少なく教える」
「遊ばざるもの働くべからず」
「毎日をお前の最後の日と思え」
「こんな時代のフツーになるな」
「農は万業の台本なり」



カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

FC2カウンター

メールフォーム

お気軽にお問い合わせ下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。